漁師を極める!

sypglm.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

「評論家」増田氏、架空話で投資家募集か(読売新聞)

 「時事評論家」の増田俊男氏(71)が実質的に経営する投資顧問会社「サンラ・ワールド」(東京都中央区)が無登録でカナダのIT企業の新株予約権を販売していたとされる事件で、増田氏はこのIT企業について、「近く上場する」と投資家に説明していたにもかかわらず、その上場先として挙げていた海外の取引市場が当時、存在していなかったことがわかった。

 警視庁は、架空の上場話で投資家を募った可能性もあるとみて捜査を進めている。

 捜査関係者などによると、増田氏は2005年4月、カナダのIT企業「アリウス3D」の新株予約権を購入していた投資クラブの会員らに、「今年中にカナダのモントリオール証券取引所か、カナディアン・ベンチャー取引所に上場する」と説明していた。

 しかし、二つの取引所のうち、「カナディアン・ベンチャー取引所」は01年に別の取引所に統合されて消滅しており、「モントリオール証券取引所」も個別企業の株を取り扱っておらず、上場は不可能な状態だった。

 また、増田氏は07年10月に、「アリウス3D」についての「上場記念祝賀会」と銘打ったパーティーを都内のホテルで開催。投資家約200人を前に、「11月にトロントベンチャー証券取引所での上場が決まった」と発表し、「上場記念」と書かれたくす玉を割るなどの派手な演出で投資家を信用させていた。関係者によると、「アリウス3D」は現在までどこの市場にも上場していない。

 同社などに数千万円を出資した首都圏の女性は、「何十回となく海外の市場に上場すると聞いたが実現していない。(増田氏は)我々投資家をばかにしている」と憤っていた。

 増田氏を信じ、約3000万円を投資した別の男性も、「いくら待っても上場しなかった」といい、「増田氏には何度も返金を要求したが、『現在プロジェクトを進めている段階』などと返答されただけ。許せない」と話した。

ストーカー容疑のノエビア・大倉副社長退任(読売新聞)
全焼の車そばに1遺体(産経新聞)
普天間移設「協力したい」=山梨・忍野村長、鳩山首相に伝える(時事通信)
<窃盗>宝石2000万円分盗まれる…大阪(毎日新聞)
自民、小沢氏喚問も視野=首相発言の「軽さ」も追及(時事通信)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-06 01:34

<信号無視容疑>検問突破の女、衝突事故後もなお逃走 札幌(毎日新聞)

 30日午前2時半ごろ、札幌市中央区北1西10の交差点で、パトカーに追跡されていた乗用車が赤信号を無視して進入し、右から来たタクシーと出合い頭に衝突。このタクシーに後続のタクシーが衝突した。乗用車を運転していた女は車から降りて逃走したが、札幌北署員に道交法違反(信号無視)容疑で現行犯逮捕された。最初のタクシーの乗客1人が軽傷を負った。

 札幌北署によると女は黙秘しているが、所持品などから中央区の31歳とみられる。女は事故直前に北区北16西5で飲酒検問中の同署員に停車を求められたが応じずに逃走。運転免許証が失効していた無免許運転の疑いもあるという。パトカーでの追跡中の事故について、同署は「問題はなかった」と話している。【鈴木勝一】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉
沖縄ひき逃げ:米兵を追起訴 読谷村・男性死亡
札幌テレビ放送:ひき逃げ事件で別人の顔写真を2回放送
交通事故:13トン車に追突、運転手死亡 伊勢湾岸道
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕

横浜事件 無罪決定 5遺族に満額4700万円補償 地裁(毎日新聞)
安倍元首相、小沢氏の不起訴方針に「だれもが驚いた」(産経新聞)
復元進む遣唐使船=奈良〔地域〕(時事通信)
<センター入試>追試験 最多は数学(1)640人(毎日新聞)
<みんなのニュース>ワンにゃんバー 首輪やちらしに書いて安心の電話番号(毎日新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-05 03:51

羽毛恐竜、カラーで明らかに=化石で色素を初特定−中国(時事通信)

 中国遼寧省の白亜紀初期(1億3100万〜1億2000万年前)の地層から見つかった羽毛恐竜や初期の鳥類の化石を電子顕微鏡で詳細に観察したところ、細胞内のメラニン色素を含む小胞が初めて特定された。
 羽は最初は飛ぶためではなく、保温やカムフラージュ、仲間などへのアピールのために進化したとの見方が有力だが、羽毛と羽の色や模様を復元できれば、当初の機能の解明に役立つという。
 中国の古脊椎(せきつい)動物古人類研究所や英ブリストル大などの研究チームが28日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 調べたのは、羽毛恐竜の「中華竜鳥」や「中国鳥竜」、初期の鳥類「孔子鳥」などの化石。走査型電子顕微鏡による観察で、黒から灰色の色素を含む小胞や、黄色から赤茶色の色素を含む小胞が確認された。 

【関連ニュース】
【動画】恐竜2009〜砂漠の奇跡〜
特集・恐竜図鑑〜トサカのついたティラノサウルス〜
〔写真特集〕ミクロの世界
〔写真特集〕動物の赤ちゃん
〔写真特集〕肉食のスピノサウルスなど出現! 恐竜2009 砂漠の奇跡

「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー氏死去(読売新聞)
偽1万円札で「援交せん?」33歳会社員逮捕(スポーツ報知)
<新聞労連ジャーナリスト大賞>毎日新聞記者らに表彰状(毎日新聞)
津市長に松田氏が再選(時事通信)
「仕事評価されず恨み」=勤務先データ2万件削除−元社員逮捕・警視庁(時事通信)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-04 05:06

<学術雑誌>ネット購読料高騰に悲鳴 3年で2.5倍(毎日新聞)

 科学や医療などの学術雑誌がネット上で閲覧できる「電子ジャーナル」の購読料が高騰を続け、各大学の図書館が悲鳴を上げている。国内の大学全体の購読料は04年度の約62億円が07年度には約155億円に急増。学術界で論文出稿が増加したことが主な要因で、各大学は、国公私立の壁を越えて、出版社側との値下げ交渉を模索している。

 電子ジャーナルは90年代後半から紙媒体に代わって一般的になり、出版社の持つ全雑誌や分野ごとに購読するパッケージ契約が普及した。購読料を支払って契約すればネット上で雑誌を読んだりダウンロードできる。

 購読料は高額だが、電子化の初期投資の回収後は、一冊当たりの経費が安上がりになるとみた各大学は、多くの雑誌が閲覧できるパッケージ契約を進めた。ある私立大図書館長は「研究者が成果を上げるには幅広い雑誌を閲覧できる環境が必要。パッケージ契約は雑誌ごとの購読より大幅な割引になり魅力的だった」と話す。

 学術雑誌は二重投稿が禁止され、各分野の研究は最新の成果を載せた雑誌を読むしかない。エルゼビア(オランダ)、シュプリンガー(ドイツ)など欧米の出版十数社で市場の9割を占めて価格競争が働きにくいうえ、アジアを中心とした学術論文の増加で出版社の論文審査の経費がかさみ、値上げが続いた。

 国の大学予算は削減されており、各大学は図書館資料費を削る傾向にある。国立大学図書館協会(国大図協)は02年度、一部の公私立大は03年度から、出版社に対して団体で価格交渉を始めた。しかし、多くの出版社は「論文は年約3%の割合で増えている」などと譲らず、交渉は値上げ幅を抑える効果しかない。

 文部科学省は04年度から購読料調査を行っている。同年度の国公私立大全体の購読料は61億9800万円(1校平均865万円)だったが、07年度は155億2600万円(同2064万円)に膨れた。国大図協の事務局でもある東京大は国内の大学では最高額の年間約10億円の購読料を支払っている。東大付属図書館事務部は「ずっと値上がりが続く現状の価格システムは破綻(はたん)する。公私立大と統一の交渉事務局を発足させ、研究環境の維持に努めたい」と話している。【井崎憲】

接触事故の潜水艦「おやしお」艦長ら3人不起訴(読売新聞)
検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
<冬のボーナス>12%減…最大の下落率 09年(毎日新聞)
メル友女性に顔写真送ると返信途絶え… 検察官「容姿に強いコンプレックス」と指摘(産経新聞)
虐待疑いの子、出席日数把握へ…海渡君事件受け(読売新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-03 06:03

秋葉原無差別殺傷初公判 遺族「なぜ事件起こしたのか」(産経新聞)

 どうして息子が死ななければならなかったのか。秋葉原無差別殺傷事件から1年半余り。大学生の長男=当時(19)=を奪われた男性(55)は「真相を知りたい」との思いを胸に、28日の初公判を迎えた。

 あの日、事件を知らされ、現場付近へ駆け付けると、いつも通り自宅から送り出した長男が仮設の遺体安置所で横たわっていた。

 友人と歩いていたところを加藤智大被告(27)のトラックにはねられた。夢だと信じたかったが、司法解剖後に帰宅した亡きがらを見て、長男の死を実感。冷たくなった体を抱きしめ、涙が止まらなかった。

 自宅にはたびたび同級生らが訪れ、思い出を語ってくれた。昨年1月には、長男が出席するはずだった成人式にも参加。「夢や未来を奪われて無念だっただろう」と心情を思いやった。

 昨年11月、加藤被告から手紙が届いた。その時は読む気になれず、約1カ月後に目を通すと、謝罪する一方で「事件のことはよく覚えていない」と記されていた。怒りがよみがえった。男性は「死刑にしてほしいのは当然だが、多くの人を苦しめた事件をなぜ起こしたのか、本人の口から聞きたい」と、公判の傍聴を続けるつもりだ。

【関連記事】
(1)「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪
歩行者天国中止、客足減…影響続くも事件は風化 アキバの今を歩く
秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪
街と社会を大きく変えた…アキバ無差別殺傷事件の傷跡

鳩山首相 小沢幹事長の続投表明「現在は支持」と述べる(毎日新聞)
17年の4億「分からぬ」 小沢氏供述、不正資金が原資?(産経新聞)
「尽くします」メールは同一文面 殺人容疑再逮捕の女、手当たり次第に送信 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
厚労省元局長、無罪主張=「証明書偽造指示してない」−郵便不正初公判・大阪地裁(時事通信)
<谷垣自民総裁>定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み(毎日新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-02 08:42