漁師を極める!

sypglm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 74 )

<マータイさん>ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)

 マイはしやエコバッグなど資源の有効活用に取り組むMOTTAINAIキャンペーン関連商品をそろえた期間限定ショップが19日午前、小田急百貨店新宿店(東京都新宿区)にオープンした。

 開設されたのは、同店本館2階の婦人服飾雑貨売り場「サンドリーズ・アレー」内。キャンペーン関連商品のほか、百貨店が選んだ風呂敷やオーガニックコットンタオル、Tシャツなど計300点が販売されている。

 来日しているキャンペーン名誉会長でノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさん(69)は「資源を有効活用した商品を使ってほしい」と呼びかけた。3月2日まで。【山本建】

【関連ニュース】
四条河原町阪急:今秋に閉店…京都
阪神百貨店:イチゴ産地をウェブ中継 梅田本店
セブン&アイ:西武有楽町店、年内閉鎖も 赤字続きで
余録:百貨店の苦境
大丸:「うふふガールズ」で若年層を取り込み

ネズミがコードかじる?豚舎全焼、375頭焼死(読売新聞)
<幼児虐待>3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(毎日新聞)
<殺人>男性刺殺される…知人の男から聴取 青森県警(毎日新聞)
マータイさん ショップ訪問 小田急・新宿店(毎日新聞)
<容疑者に便宜>たばこや自宅立ち寄り 神奈川県警が懲戒(毎日新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-23 17:55

医療チーム第1陣の医師ら帰国=ハイチ地震−成田空港(時事通信)

 ハイチで1月に起きた大地震の被災者医療活動に当たり、日本赤十字社医療チーム第1陣に参加した医師、看護師ら4人が21日午後、成田空港に帰国した。
 帰国したのは熊本赤十字病院の岡村直樹医師、名古屋第2赤十字病院の関塚美穂看護師らで、他のメンバーと合わせ計8人で先月17日、日本からハイチに向かった。現地では、首都ポルトープランスにある約1万5000人が暮らす避難民キャンプの隣にテント型の仮設診療所を開設。16日までに、1日100人前後、計1662人の患者の診療に当たった。
 成田空港で取材に応じた岡村医師は「無事任務を終えることができた。被災状況がひどく、最初は大変だったが、商店が営業を始めるなどようやく生活できる状況になりつつある」と説明。一方で「帰国直前に大雨が降り診療テントが浸水したが、本格的な雨期が心配」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気

「体が勝手に動いた」=背後に警笛、迫る電車−線路転落女性救助の男性(時事通信)
【ゆうゆうLife】診療報酬22年度改定 手術料引き上げ 病院収入底上げ(産経新聞)
<JR宇都宮線>乗客1000人一時閉じこめ 電気トラブル(毎日新聞)
<NHK大河ドラマ>来年の主役に上野樹里さん (毎日新聞)
五輪スピード 長島選手に報奨金1000万円…所属の企業(毎日新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-22 18:08

自民・川崎氏、石川議員の辞職勧告案の採決要求=民自公の国対委員長が会談(時事通信)

 民主、自民、公明3党の国対委員長が15日午前、都内で会談した。自民党の川崎二郎氏は、石川知裕衆院議員の辞職勧告決議案の衆院本会議での早期採決や、衆院予算委員会で鳩山由紀夫首相が出席して経済や外交問題の集中審議を行うよう要求した。これに対し、民主党の山岡賢次氏は難色を示した。
 また、川崎氏は、政府が同委理事会に提出した2010年度公共事業予算の個別配分額(個所付け)の資料について「理事会に出したのと実際に民主党県連に流れているのとは違う」と指摘、党都道府県連に提示された資料を提出するよう求めた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

銀銅獲得!スピードスケートスーツはスケてません!(スポーツ報知)
<民事再生法違反>容疑のIT会社社長ら6人逮捕 警視庁(毎日新聞)
小林氏の参考人招致を=自民・浜田氏(時事通信)
「のど治らず麻薬」詩音被告、入手先言えない(読売新聞)
<首都圏・雪>日暮里・舎人ライナー、一時ストップ(毎日新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-21 13:42

金元工作員来日へ韓国と協議 (産経新聞)

 横田めぐみさん=拉致当時(13)=と北朝鮮で会ったことがあるという金賢姫元北朝鮮工作員の来日について、政府が韓国側との交渉の手続きに入ったことが17日、分かった。拉致問題を担当する中井洽国家公安委員長が同日、政府の拉致問題関係政策会議で与党議員に明らかにした。

 出席者によると、中井委員長は席上、金元工作員が昨年5月、調査のため訪韓した政府関係者に対し、「横田さんと北朝鮮で会ったことがある」と証言していたと述べた。中井委員長はそのうえで、金元工作員の来日に向け、韓国側との交渉の手続きに入ったことを明らかにした。

 政府関係者によると、金元工作員は政府職員に、「1980年代初めに平壌の招待所で、めぐみさんから日本語を学んだ同僚(工作員)にめぐみさんを紹介され、その後も何度か会って話をした」と証言。来日が実現して国会などで証言の場が設けられれば、めぐみさんに関する新情報が得られる可能性もある。

<長浜市長選>前衆院議員の藤井勇治氏が初当選(毎日新聞)
<傷害致死容疑>京産大学生死亡 建設作業員の少年逮捕(毎日新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら2人、監禁容疑で逮捕(毎日新聞)
<介助犬>役割や現状訴えるパネル展始まる 東京・千代田区(毎日新聞)
日本のGDP、2位を維持=10年は中国が抜く公算(時事通信)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-20 03:29

雑誌発売前の「ワンピース」最新話 ネットに違法投稿(産経新聞)

 インターネットの動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に、漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気漫画「ONE PIECE」などの最新話が雑誌発売日の前に投稿されていることが15日、分かった。事前に雑誌を入手した関係者が、紙面を撮影して投稿しているとみられ、人気漫画をいち早く“立ち読み”できることから、再生回数が数十万回に上る投稿も。著作権法に抵触しているものの、出版社側に決め手はなく対応に苦慮しているのが実情だ。

 投稿されているのは、単行本の累計発行部数が1億7900万部を超える「ONE PIECE」のほか、「HUNTER×HUNTER」「NARUTO」など、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画数作品。

 いずれも、漫画の紙面を1ページごとに撮影したうえで、画像を一定時間でコマ送りのように切り替えながら数分程度で1話分を表示する動画に仕立てている。雑誌発売日は毎週月曜日だが、中には前週の半ばから週末にかけて最新話が投稿されたケースもあり、再生回数が数十万回を記録するほどアクセスが集中した。

 こうした状況に対して出版元の集英社(東京都)広報室は「個別の対応は答えられないが、著作権を侵害する行為があれば削除依頼や警告書を送付するなどしている」とコメント。実際に一部の投稿は削除された。警察に被害届を出すかどうかについては「その都度、著作権者と協議して検討しているが、今回のケースについては何ともいえない」としている。

 社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会は「漫画家の作品を丸々動画としてアップする行為は聞いたことがない。閲覧者は立ち読み感覚でアクセスしていると思うが、この事例は明らかな著作権法違反で悪質」と指摘している。

【関連記事】
ルフィ、「メンノン」表紙に!漫画は創刊初
「ONE PIECE」初版で285万部 コミックス史上最高初版部数
パチンコ店の漫画70冊盗む 岡山の消防署員を処分
雑誌のネット配信実験開始 出版社が連携、記事のばら売り可
「ZIPでくれ」も危ない…どこまで合法? ダウンロード違法化

<雑記帳>結婚式にペンギン2羽が「出席」 静岡のホテルで(毎日新聞)
<紅白梅図屏風>「金泥でなく金箔使っていた」研究者が発表(毎日新聞)
理学部入試で出題ミス=立教大(時事通信)
網走監獄 設立30周年でリニューアル 展示物を一新(毎日新聞)
「刷新相4人ぐらい必要」=枝野氏(時事通信)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-19 03:13

再生医療、一定の評価なら「速やかな保険導入」必要(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「再生医療における制度的枠組みに関する検討会」(座長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)は2月15日、報告書案を固めた。報告書には、「研究」から「先進医療」に移行し、一定の評価が得られた再生・細胞医療を治験や薬事承認、保険導入などに速やかにつなげる必要があることなどを盛り込む。

 報告書案では、「評価療養」の対象外や保険導入されていない再生・細胞医療は、まず研究として実施されるべきと明記。研究段階で一定の評価を得たものについては、「先進医療などの評価療養の枠組みの中で、行政の一定の関与の下、有効性及び安全性について、さらなる評価をしていくべき」と指摘した。先進医療として実施し、一定の評価が得られた場合、速やかに治験や薬事承認、保険導入につなげていく必要性を示した。


【関連記事】
「再生・細胞医療の共同診療」報告書取りまとめへ議論
再生医療の共同診療の要件で議論
親知らずや乳歯を再生医療に利用、鶴見大などが新事業
「論点」示し本格議論開始―再生医療検討会
「歯科領域での再生医療の活用を」

<外交フォーラム>4月号で休刊 事業仕分けで「廃止」判定(毎日新聞)
<偲ぶ会>伊藤鄭爾さん=4月24日、東京で(毎日新聞)
衆院選前、資金に困窮=居候、選挙近づき事務所開設−民主・小林千代美議員側(時事通信)
岡田外相が19日から豪州訪問(産経新聞)
石川議員、離党が望ましいと仙谷行政刷新相(読売新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-18 03:11

高速道路無料化、公共交通に打撃は早計馬淵副大臣(レスポンス)

「打撃があるということを前提にご質問をいただくのですが、そのことも踏まえて、社会実験によって客観的なデータに基づいた実態把握を行おうとしている」

国土交通省・馬淵副大臣は15日の定例会見で、心なし苛立った表情を見せた。高速道路無料化路線を打ち出したものの、公共交通への悪影響ばかりが取り沙汰されているからだ。

宇高航路の廃止を表明した四国フェリー(高松市)と国道フェリー(同)は、「国策に翻弄された」と無念さをにじませた。しかし、このことも馬淵氏にとってはやりきれない。「現行の土日祝日上限1000円などの割引は前政権の施策。高速道路に関する料金問題は現在検討しているので、これを出させていただく」と、前政権との違いを強調した。しかし、当初、予算額確定時に発表するとした新料金体案公表は、延び延びになったままだ。

すでに公表された来年度1000億円、高速道路総延長距離の16%に及ぶ無料化路線でも、思ったほど期待する声は聞こえない。「公共交通機関への影響を最大限考慮して選定している」というおきまりのフレーズについて、「公共交通機関に影響がないところを選んだということなら、影響はわからないのではないかとお叱りをいただくかもしれないが、最大限配慮しながら、一般道路、高速道路への交通の転換、クルマの流量の変化、公共交通機関における旅客、貨物の変化、こういったものも同時把握していきたいと思っている。(高速道路無料化は公共機関に影響するのではないかという)ご懸念の部分は最大限配慮して進めさせていただく」と、苦慮をにじませた。

さらに、「現時点で、公共機関が打撃を受けるからどのような補償をするのか、という議論ではないと思っている」という見解を示すなど、高速道路無料化実施前から先行する悲観論打ち消しに躍起だった。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
高速道路無料化路線、1626km
【東京マラソン2010】 首都高速閉鎖 最長約6時間
無料化社会実験後もETCは必要---馬淵国交副大臣
高速道路 無料化 特別編集
国土交通省 特別編集

【Web】「男前社長」の求人広告がネットで人気(産経新聞)
皇后さま 「国宝 土偶展」を鑑賞 東京国立博物館(毎日新聞)
ハウステンボス HISが支援決定(毎日新聞)
「トラブル聞かないが…」=震える近隣住民−宮城県石巻市(時事通信)
自民、首相実母への出張尋問も=民主、「人道問題」と拒否(時事通信)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-17 03:51

<姫路独協大>法科大学院の合格者ゼロ…来年度入試(毎日新聞)

 姫路独協大(兵庫県姫路市)の法科大学院が先月実施した来年度入試で、合格者がゼロだったことが9日、明らかになった。「入試の厳格化」を求める国の方針に従った結果という。大学側は「再募集するかは今後検討する」としているが、来年度の入学者がいない事態になれば、存続が極めて厳しくなるのは必至で、04年度の法科大学院制度スタート以降、初の撤退となる可能性も出てきた。

 法科大学院は各地に乱立気味で「質の低下」が指摘されており、国は「少数精鋭化」を目指し、入試の厳格化や募集定員の削減、学校間連携などを働きかけている。また、中央教育審議会は1月、姫路独協大を含む14校に抜本的改善が必要との報告を出した。

 姫路独協大によると、来年度入試(定員20人)には3人が受験したが、全員が基準点に達しなかったという。吉崎暢洋・法務研究科長は「再募集するかは白紙だが、急いで検討したい」としている。

 姫路独協大の法科大学院は04年に開校。現在の在籍者は計24人。過去の新司法試験合格者は全国74校で最少の計3人。【久野洋】

【関連ニュース】
法科大学院:14校が抜本的な改善必要、12校は不十分
新任判事補:99人に辞令交付
法科大学院:14校、抜本的改善必要 12校は不十分−−中教審特別委
成年後見人制度:考える集い 新井・筑波大法科大学院院長「行政の連携重要」 /香川
東北大:法科大学院2次入試で出題ミス /宮城

石井議員口利き「記憶ない」=村木被告公判で厚労省元部長−大阪地裁(時事通信)
法科大学院入試で合格者ゼロ=全国初「入学者なし」か−姫路独協大(時事通信)
<雑記帳>ストップ温暖化『一村一品』 鳥取県北栄町が受賞(毎日新聞)
「6カ国」再開へ連携確認=外国人地方参政権に期待−韓国外相(時事通信)
看護職のワーク・ライフ・バランス推進でフォーラム(医療介護CBニュース)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-16 02:52

<消費者庁>地方消費者行政推進本部を設置(毎日新聞)

 消費者庁は9日、地方消費者行政を充実強化するプランを策定し、計画遂行のための推進本部(本部長・福島瑞穂消費者担当相)を庁内に設置した。

 プランは、相談窓口の拡充と、相談機能の強化を進めるため、今後3年間に国と地方が取り組むべき方向性を示したもの。推進本部は、使い勝手が悪いとの指摘のある地方消費者行政活性化基金の運用の見直しと、相談体制や相談員の処遇改善について、それぞれの作業班で検討し、夏ごろに一定の結論を出す方針だ。【山田泰蔵】

【関連ニュース】
国民生活センター:理事長が任期途中で辞任 後任は公募
日清ファルマ:カプセルは「トクホ」認めず 消費者委
消費者庁:新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合
福島消費者相:橋下知事と激論 ステッカー法的効力で
日清ファルマ:カプセル製品の「トクホ」認めず−−消費者委

小沢氏「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』」(産経新聞)
ボクシング 亀田大毅戦の視聴率19%(毎日新聞)
【町工場から五輪へ】(2)モーグル・上村選手の靴 運命の出会い…10年一途(産経新聞)
<宇高航路>3月廃止 100年の歴史に幕(毎日新聞)
<就職>「氷河期なんかに負けないぞ」専門学校生が出陣式(毎日新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-14 21:25

大阪・梅田で停電、エレベーターの客ら一時閉じこめ(読売新聞)

 11日午後9時25分頃、大阪・梅田のJR大阪駅周辺で停電があった。

 関西電力大阪北支店によると、大部分は間もなく復旧したが、大丸梅田店やホテルグランヴィア大阪などが入居する商業ビル「アクティ大阪」(27階建て)では一部で最大約1時間40分にわたって停電が続き、エレベーターに客や従業員約15人が一時閉じこめられるなどした。

 このほか、大阪駅前第1ビルでも約10分間、停電したという。

 同支店は、新曽根崎変電所(大阪市北区)で急に電圧が下がったのが原因とみて詳しく調べている。

「創生日本」が発足=真・保守政策研を改称−安倍元首相ら(時事通信)
法科大学院入試で合格者ゼロ=全国初「入学者なし」か−姫路独協大(時事通信)
日本ビクター、海外事業で不適切会計(読売新聞)
3年間で1万5000個 ビアだる窃盗容疑(産経新聞)
出産育児一時金の月2回請求を検討―厚労省(医療介護CBニュース)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-13 03:03