漁師を極める!

sypglm.exblog.jp
ブログトップ

秋葉原無差別殺傷初公判 遺族「なぜ事件起こしたのか」(産経新聞)

 どうして息子が死ななければならなかったのか。秋葉原無差別殺傷事件から1年半余り。大学生の長男=当時(19)=を奪われた男性(55)は「真相を知りたい」との思いを胸に、28日の初公判を迎えた。

 あの日、事件を知らされ、現場付近へ駆け付けると、いつも通り自宅から送り出した長男が仮設の遺体安置所で横たわっていた。

 友人と歩いていたところを加藤智大被告(27)のトラックにはねられた。夢だと信じたかったが、司法解剖後に帰宅した亡きがらを見て、長男の死を実感。冷たくなった体を抱きしめ、涙が止まらなかった。

 自宅にはたびたび同級生らが訪れ、思い出を語ってくれた。昨年1月には、長男が出席するはずだった成人式にも参加。「夢や未来を奪われて無念だっただろう」と心情を思いやった。

 昨年11月、加藤被告から手紙が届いた。その時は読む気になれず、約1カ月後に目を通すと、謝罪する一方で「事件のことはよく覚えていない」と記されていた。怒りがよみがえった。男性は「死刑にしてほしいのは当然だが、多くの人を苦しめた事件をなぜ起こしたのか、本人の口から聞きたい」と、公判の傍聴を続けるつもりだ。

【関連記事】
(1)「おわびをさせてください」加藤被告、背筋を伸ばして謝罪
歩行者天国中止、客足減…影響続くも事件は風化 アキバの今を歩く
秋葉原殺傷初公判 加藤被告 無関心から反省、謝罪の言葉も
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪
街と社会を大きく変えた…アキバ無差別殺傷事件の傷跡

鳩山首相 小沢幹事長の続投表明「現在は支持」と述べる(毎日新聞)
17年の4億「分からぬ」 小沢氏供述、不正資金が原資?(産経新聞)
「尽くします」メールは同一文面 殺人容疑再逮捕の女、手当たり次第に送信 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
厚労省元局長、無罪主張=「証明書偽造指示してない」−郵便不正初公判・大阪地裁(時事通信)
<谷垣自民総裁>定年制厳守を3氏に通告…将来見直しは含み(毎日新聞)
[PR]
by ulfvzh1fbg | 2010-02-02 08:42